2020.7.11

自分を高める

障がいのある方こそ【不自由】を作ることで【シアワセ】になることができる。

こんにちは!スタッフの川田です。

 

障がいをお持ちの方の中には、自分の仕事や人生において、

「自分は障がいがあるから、△△しなければならない。○○であるべきだ。」と考えている方はいませんか?

もし、そう考えている方がいるとしたら、

その「△△しなければならない」や「○○であるべき」というのは、本当に自分で決めたことでしょうか?

今回は、『本当の自由な人生』について、読んでくださった方と一緒に考えていこうと思います。

 

 

 

皆さんの頭の中にある「△△しなければならない」や「○○であるべき」はもしかすると、

・常識として、当たり前でしょ!

・ずっとそういうものだと思って生きてきたんだし・・・

・だって障がいで××な状況なのだから、仕方がない。

・以前両親から~と言われたからそうするしかないし。

など、気が付いたら「理由は自分で考えたことはないけれど、そういうものだ!」

と無意識のうちに考えるようになったりはしていませんか?

 

私自身も、親の考え方や価値観は、私が自分自身の事を考えなければいけない状況でも自然と影響され、

親の意見と同じような決定をしてしまいがちでした。

 

「確かに、そういわれたら自分がなぜそう思っているのか、考えたことがないかもしれない。

そもそも自分の頭で考えていたっけ・・・?」

考える利用者さんの絵

 

そうなのです!実はこのようにいつのまにか自分の中に完成されていた考え方、またそこから導いた決定は

自分の頭で考えて決めたのではなく、周囲の環境・人間関係に影響されて無意識のうちに決定してしまっているのです。

 

そしてその無意識の決定の後、実際に動いてみたら

思った結果と違ったり、予想に反して失敗してしまったり・・・

「あの人が言っていたから、こうやってみたのに!」

「昔から親に言われたことを守って生きてきたらうまくいかなくなった。これは全部親のせいだ!」

周囲の価値観に無意識に乗っかって行動した結果が自分の望んでいない結末になってしまっては、誰かを責めたくもなってしまいます。

 

ただし、もちろん失敗ばかりではないでしょう。

その人の判断に任せた結果、成功することもあります。

 

 

でも、それって本当にあなたのシアワセですか?

うまく行けばイライラやストレスも感じずにいられますが、もし自分の理想とした結果と違っていた時、どう感じるでしょうか。

きっと、自分以外の誰かのせいにして、責任逃れをしてしまいます。

 

今まで自分の人生に不満ばかりが溜まっていた方へ。

現在は、ひとりひとりが自由に、自分の価値観で判断をして生きていくことができる、むしろそちらが当たり前の世の中になっています。

一度、自分にとっての【理想の人生】とは何か、考えてみてください。

そして『自分のポリシー』を決めて、実践しようとしてみてください。

そうすることで、

今のままでいいのか、ポリシー実践の為には、自分が今どんな行動をとるべきなのかが見えてきて、

行動に移す事が出来る様になります。

 

さらに、自分で考えて決めたことであれば、

絶対に会社や家、親や友人、上司や先輩などの周囲の環境や人間関係のせいにすることはなくなります。

 

結果、起きた出来事の責任を自分で受け入れ、そこから成長するための行動につなげる事が出来るのです。

これは【自立型人材】として生きていく上では本当に大切な部分となります。

 

最終的に、自分で決めた【不自由】によって、【シアワセ】に近づくのです。

朝日に向かって喜びを表現している写真

 

「ポリシーを作るって言っても、どうやって作ればいいかわからないし。」

と思っているあなた!

具体的なポリシーの作り方などは札幌の就労移行支援事業所 ティオ中央区役所前の見学・体験に来ていただいたときに

お伝えする事が出来ます。

自分の理想を持って、新しい自分に生まれ変わるために一歩踏み出したい!と考えている方、ご連絡お待ちしています。

 

【ティオ中央区役所前の訓練の特徴】
所長の窪田は大手民間企業、北海道庁、札幌市役所、その他自治体や様々な団体から多くの研修依頼を頂いている北海道で屈指の研修講師です。

さらに、受講者に合わせて異なる説明をすることで小学生から社長に至るまで完璧な理解をさせることができる数少ない能力を持つ講師です。

ティオ中央区役所前でも、働いたことのない20代の方から社長経験のある50代の方までが一緒に受講する中で全員が満足する非常にわかりやすい訓練を行っています。

まずは一度、
ティオ中央区役所前に来てください!WELCOME