2020.7.17

就活

初めて就職活動を行う人の大多数が陥る、「自分探し」の落とし穴

こんにちは。スタッフの川田です。

これから就職に向けて動きたいと感じている方。

就職先の選び方について、どのように考えていますか?

本日は、特に【今までほとんど仕事経験が無い方向け】ティオ中央区役所前での就職先の選び方について

お伝えしたいと思います。

・これから初めて就職活動を考えている

・いくつか経験してきたが、まだどの職種が自分にとって合っているのかわからない

そんな方に読んで頂きたい内容です!

 

 

過去にお仕事経験がいくつかある方は、自分が経験した中で【絶対に苦手と感じた職業】や、

逆に【自分に合っているかもしれない】と感じた職種があるかと思います。

ですが、まだ一度もアルバイト経験もない方や、経験はあるけれど自分がどんな職種に合っているかわからない方も多いでしょう。

そんな中で

「どうやって仕事を探せばいいのかわからないから動き出せない・・・」

「まだどんなことが向いているかわからないから、なにをしたらいいかわからない。」

「漠然としているけれど、あこがれた職業はあるから、まずはその職業で求人を探したいなぁ。」

「やりたくない職種の仕事はあるから、それ以外で見つけたい!」

 

と、勇気が出なかったり、立ち止まってしまったり、自分にはもっと合ったところがあるはずだ!と思って

実際に就職へ動き出すことが出来ない方が多くいらっしゃいます。

もちろん、〈やりたいこと〉や〈得意なこと〉が全て満たされる就職先が見つかれば、それに越したことはありません。

 

では、そんな求人が見つからない時、またはやりたいこと自体が見つからない時、どうしたらいいのでしょうか。

たとえば、

・徹底的に自分探しを行って自分自身を知る

・理想の求人が見つかるまで探し続ける

 

この“自分探し”というワードは、よくネットやテレビなどで耳にすることも多くあるのではないでしょうか。

ある程度、自分のことを知ることは大切ですし、こまめに理想の就職先の求人を探すことで見つかることもあるので

決してダメな事ではありません。

ですが、札幌の就労移行支援事業所 ティオ中央区役所前では、このような考え方はしていません。

前提として、今まで仕事の経験があまりない方であれば、【どこでも縁があったところで、まず働いてみる】ことが重要だと考えています。

 

どんな職種であっても、「本当は嫌だなぁ・・・」と思っている仕事内容でもまずやってみる。

まずは働くことを経験することで今まで自分では気づけなかった得意な事や好きな事、苦手な事や克服したいと感じることなど、

働いたからこそわかる事が絶対にあります。

そしてそこで経験した楽しい事や嬉しい事、辛い事や勉強になったと感じる事全てが、その後の人生のどこかで役に立つものだと思います。

様々な経験を、たくさんすることで、

数年後に新しい道に進むときにも自分の判断材料をたくさん持っていくことが出来るのです。

就労移行支援事業所 ティオ中央区役所前で就職先の選択に迷う絵

 

だからこそ、働いた経験が少ない人こそ、勇気を出して【まずは働いてみる】ことが大切だということを、

利用者の皆さんには伝えています。

 

 

働いた経験があまりなく、就職したい気持ちはあるけれどどのように動き出したらいいのかわからない方。

札幌の就労移行支援事業所 ティオ中央区役所前では、

正しい就職活動への取り組み方を理解して頂く機会を多く設け、実践できる様フォローをおこなっています。

 

【ティオ中央区役所前の訓練の特徴】
所長の窪田は大手民間企業、北海道庁、札幌市役所、その他自治体や様々な団体から多くの研修依頼を頂いている北海道で屈指の研修講師です。

さらに、受講者に合わせて異なる説明をすることで小学生から社長に至るまで完璧な理解をさせることができる数少ない能力を持つ講師です。

ティオ中央区役所前でも、働いたことのない20代の方から社長経験のある50代の方までが一緒に受講する中で全員が満足する非常にわかりやすい訓練を行っています。

まずは一度、
ティオ中央区役所前に来てください!WELCOME