2021.2.13

パソコン

パソコン練習の課題はどこにでもある!

こんにちは。

スタッフの前佛です。

 

今日は、利用者さんと先日お話しした会話から感じたことを

お伝えしたいと思います。

 

利用者さんにティオで作成した請求書をお渡しした時の会話です。

 

利用者さん「この請求書ってエクセルで作ってるんですか?」

前佛「そうですよ。」

利用者さん「名前や金額は別のシートとリンクしているんですか?」

前佛「この請求書は、お渡しする人数も少ないし、金額も毎月同じなので、

別のシートを作らずに1つのフォーマットをコピーして使っているんです。」

利用さん「そうなんですね。人数が少なかったらそれでいいですけど、

多かったら別のシートで管理した方がいいですよね?」

という会話です。

 

1枚の請求書を見た時に、利用者さんが思ったこと。

それは、

【自分が請求書を作成するとしたら、どう作るだろうか?

これまでに勉強したエクセルの知識が使えそう!】

ということです。

 

簡単なものだったら?

人数が多かったら?

請求の項目が沢山あったら?

など、いろいろなパターンで考えることができると思います。

 

会話の後、この利用者さんは、請求書を1から作成してみます

と言って独習に取り組んでいらっしゃいました。

 

パソコンだけではないですが、何かを身に付けようと思った時には、

テキストを読んで学習するだけではなく、習ったことを実践で

何度も使っていくことが大切だと思います。

 

この利用者さんのように、テキストで学習したことを

実践したい!身の回りで実践できそうなものはないか?と意識していると

身近には練習材料になりそうなものが沢山ありますよね。

 

自分のパソコンスキルを実践的なものにしたいという目的を

しっかり持っているからこそ、1枚の請求書に疑問を持てたんだろうなと

感じさせられる会話でした。

 

こういう疑問を持つことは、効率アップを意識するという点でも大切な考えですよね。

 

札幌の就労移行支援事業所 ティオ中央区役所前では、

その時だけの理解では終わらない、

一生使える実践的なスキルをお伝えしています。

 

【ティオ中央区役所前の訓練の特徴】
所長の窪田は大手民間企業、北海道庁、札幌市役所、その他自治体や様々な団体から多くの研修依頼を頂いている北海道で屈指の研修講師です。

さらに、受講者に合わせて異なる説明をすることで小学生から社長に至るまで完璧な理解をさせることができる数少ない能力を持つ講師です。

ティオ中央区役所前でも、働いたことのない20代の方から社長経験のある50代の方までが一緒に受講する中で全員が満足する非常にわかりやすい訓練を行っています。

 

まずは一度、
ティオ中央区役所前に来てください!WELCOME