2020.4.11

コミュニケーション術

『時間内に、伝えるスキル』を鍛えるには?

こんにちは!スタッフの曵地です。

コロナ感染防止の動きで、行動に制限があるかと思いますが、ティオ中央区役所前でも利用者さん同士

距離をとる講義方法の実施や徹底した換気、手指の消毒や設備の消毒、そして全員マスク完備をしながら行っています。

 

そんな中、ティオ中央区役所前では今からでもはじめられる活かせるスキルとして

『伝えるスキル』にも取り組んでいます。

 

例えば、仕事でのミーティングで意見を求められる時や、報告が必要な時、

仕事内容で相談をしたい時。

伝えてみたものの、相手の反応が良くない・・

言いたいことが伝わっていないのか、違う意味で伝わっているのか・・

そんな場面も伝え方に自信があると不安が減ります。

 

今回は、『時間内に、伝えるスキル』

皆さんは、時間内に、自分の考えを伝える事は得意でしょうか?

さらに、「相手がわかるように伝える」「限られた時間で言いたい事を整理して伝える」となると

どうでしょうか?

 

よく、伝える時の「あるある」には、話しているうちにだんだん・・・・

「自分が何を話したいのかわからなくなる・・・」

そんな話も、お聞きします。

 

『いつでも、相手に伝えたいことをわかりやすく伝えるスキル』

コツを活かして訓練することで、早く身に付けることが出来る仕組みを

ティオ中央区役所前では開始しています☆

 

タイミングとしては、今回から朝礼も活用して、利用者さんの実践機会を

開始しました。

 

「相手に伝わるまとめ方のコツ」や「端的に伝えるための段取のコツ」も・・

具体的な実践内容を講義でお話ししながら行っています。

 

利用者さんの実践場面では、今まで講義で身に付けた知識を

実際にやってみる良い機会にしており、発表した後の表情も

どんどん変わってきているのがわかります(^^)

このように札幌の就労移行支援事業所ティオ中央区役所前では、学ぶだけはなく、

習得➝実践➝自信に繋がるステップ用意しています。

 

【ティオ中央区役所前の訓練の特徴】
所長の窪田は大手民間企業、北海道庁、札幌市役所、その他自治体や様々な団体から多くの研修依頼を頂いている北海道で屈指の研修講師です。

さらに、受講者に合わせて異なる説明をすることで小学生から社長に至るまで完璧な理解をさせることができる数少ない能力を持つ講師です。

ティオ中央区役所前でも、働いたことのない20代の方から社長経験のある50代の方までが一緒に受講する中で全員が満足する非常にわかりやすい訓練を行っています。

まずは一度、
ティオ中央区役所前に来てください!WELCOME