2021.2.9

人間関係の悩み

〈妬み〉〈ひがみ〉による苦しみから抜け出した、利用者さんのストーリー。

こんにちは!スタッフの川田です。

 

ティオ中央区役所前でお伝えしている

「ココロが穏やかで、ストレスを感じない【凪(なぎ)】の状態になる」

ための考え方、

それが【自立型人材】

 

この考え方によってある利用者さんに起きた変化をご紹介します!

チェックのイラスト

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

片手に麻痺がある利用者さん、以前ブログでもご紹介した【独自のタイピング表】を作成し、

日々体力向上に向けた運動プログラムや、エクセル・ワード基礎の習得など

大変前向きに訓練に取り組んでいます。

その時の記事はこちら

 

 

以前この利用者さんと面談を行った際に、お話して頂いたことがあります。

「前に比べて、周りに対して妬みやひがみを感じなくなったんです」

川田「それは、どうしてですか?」

「自分以外の誰かと比べても、仕方がないと思うようになったんです。

自分が「うらやましいな」と感じている人にも、

その人それぞれに悩みや不安を抱えていると気づきました。

それからは、自分と誰かを比べるのではなく、

自分の目標に向かって頑張ろうと思えるようになりました。」

川田「そう考えることが出来るようになったきっかけは、あるんですか?」

「【活トレ】を受けるなかで【自立型人材】を学ぶようになり、

人と比べないことについて聞いた時からですね。。」

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

自分以外の誰かと比べたり、相手に対して劣等感を持ったりするのは皆さんにも経験、ありませんか?

でも、この状況、とってもココロに負担がかかっていて、自分自身が辛くなってしまうんです。

 

【ココロが穏やかで、あらゆるストレスに反応しない、【凪(なぎ)】の状態】は、

日常のちょっとした考え方を少し見直すだけで、

ココロが感じる負担が少なくなっていくのを感じることが出来るんです。

 

札幌の就労移行支援事業所 ティオ中央区役所前では

そんな【考え方のちょっとした工夫】を、

わかりやすく、楽しく学び、実践に活かすことが出来ます。

ライブ講義の風景

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

自立型人材とは、心が穏やかで、ストレスを感じない人。人間関係の刺激に左右されない反応しない穏やかさを持ちながら、自分の能力と可能性を最大限に発揮して人生における道を自ら切り拓いていける人材を言います。

これからの社会を楽に行きていくために、必要な15の原則と75のルールを、わかりやすく、みなさんと理解して身につけていって頂いています。以下のように、ティオの訓練を受けている利用者さんの多くが気持ちが楽になり、生きることが辛くなくなったとおっしゃっています。

気持ちが楽になることで、利用者さんは障がいと向き合いながら、それぞれ目指す分野への就職をしています。是非、皆さんも一度体験にいらしてください。

 

【学んでいる利用者さんの声】

♦過去の固まった考えを一度自分の頭の中から消すことが出来た。新しい価値観を一度飲み込んで、自分の中に落とし込んでから自分に合うか合わないかの判断をすればいいと思えるようになった。活トレ(ティオでやっている自立型人材育成のための訓練を”活トレ”と言っています)は、自分に根付くと楽になれると感じている。

♦今までは自分の性格は親に責任があると考える事で安心していたがそれでは自分が変われないことがわかり、今は自立型の考え方と自分のポリシーを支えにしている

♦自分の中の固定した考え方から、見方はいろいろあると気づき、さまざまな角度から見る事で自分の成長につなげる事ができるとわかった。

 

まずは一度、
ティオ中央区役所前に来てください!WELCOME