2020.7.23

人間関係の悩み

ネガティブを卒業するには3つの“ない”を払拭することが大きな秘訣

こんにちは!スタッフの川田です。

 

現在、

「自分はネガティブ思考だなぁ・・・」

「自分は出来ないことが多いし、何のとりえも無くて就職しても役に立てることが出来る事なんてない・・・」

と考えている方に質問です!!

たとえば、自分自身が後ろ向きにならず、ポジティブな姿勢で仕事に取り組むことが出来る様になり、ストレスも感じる事が少なくなる。

そしてお給料もどんどんもらえる様になり、評価もしてもらえて、やりがいを感じながら仕事をすることが出来るようになる。

そんな自分になることが出来るとしたら、おそらく今以上に充実感を持って、生きていく事が出来ると思います。

 

 

「でも、そんな急に考え方を変える事なんてできないし・・・」

「病気もあるのに、前向きに考えるなんてできない!」

・・・と、難しいと感じるかもしれませんが、

たった3つの“ない”をやめることで、仕事に向き合う姿勢が大きく変わり、

今まで就職に向けて動けなかったことが嘘のように行動をとることが出来る様になっていきます。

 

では、その3つの“ない”とは、いったい何なのでしょうか?

完璧主義をやめる方法を考える人

 

もちろんここで全てを伝える事は出来ませんが、今回は少しだけお伝えします。

3つの“ない”、それは・・・

「完璧主義を、抜け出す事」のなかに潜んでいるのです

 

ではその中から、今日は一つだけお伝え!

 

 

例えば、

家の掃除をしなければいけない時、

やらなければいけないのに、なぜか取り掛かれない・・・

こんな経験をした方は、多いのではないでしょうか?

 

ではこの時、取り掛かれない理由を考えたことはありませんか?

・物が多くて、いる物といらない物に分けるのが大変

・何年も開けていない物置の封印を解くのが怖い・・・

・ベッドの下など、普段から掃除していないところは汚れが多くてやりたくない

 

などなど・・・

人によって理由は違うと思います。

でも、多くの場合、共通した意識が働いているのです。

それは・・・

「掃除は全て完璧にやらなければいけない!でも上手くできなかったらどうしよう」という『失敗したくない』という気持ちです。

 

・片付け始めたはいいけれど、逆に物が散乱してしまって今日中に終わらなくなった。

・汚れが取れなくて結局途中で終了してしまうのが嫌だ。

・元々整理整頓は苦手で上手くできなさそうだからやりたくない。

これらの気持ちは元を辿ると全て完璧を目指す気持ちからの『失敗したくない』という意識によって、

とりかかることが出来なくなっているのです。

 

・まずは少しでも始められればオッケー!

・今日はキッチン周りだけ取り組むようにしよう。

【完璧を目指さない様にする】ことでハードルが一気に下がり、「少しだけならできるかもしれない・・・」と、

今までは手を付けられなかったことを始める事が出来る様になります。

 

このような3つの“ない”を払拭することで、全く別人のように何事にも前向きに取り組むことが出来る様になり、

たとえ困難があったとしても決して負けず、自分の成長につなげる事ができるようになるのです。

(あと2つ、やめるべき“ない”があるのですが、それは事業所の訓練の中でお話ししています。)

 

今まで仕事でのストレスによって辛くなったり、職場に行く事が怖くなってしまった経験のある方へ。

札幌の就労移行支援事業所 ティオ中央区役所前では、

就職出来ればいいという訳ではなく、しっかり就職先で評価して頂けて、

その後の人生にもっと前向きに向き合っていくためのマインドセットについて繰り返しお伝えしています。

 

【ティオ中央区役所前の訓練の特徴】
所長の窪田は大手民間企業、北海道庁、札幌市役所、その他自治体や様々な団体から多くの研修依頼を頂いている北海道で屈指の研修講師です。

さらに、受講者に合わせて異なる説明をすることで小学生から社長に至るまで完璧な理解をさせることができる数少ない能力を持つ講師です。

ティオ中央区役所前でも、働いたことのない20代の方から社長経験のある50代の方までが一緒に受講する中で全員が満足する非常にわかりやすい訓練を行っています。

 

まずは一度、
ティオ中央区役所前に来てください!WELCOME